b

いつまでも子どものままで

2018年ベストアルバム

書かないつもりだったのだが大晦日に滑り込ませた。

10.ものんくる「RELOADING CITY」

RELOADING CITY

RELOADING CITY


仙人掌「BOY MEETS WORLD」、KID FRESINO「ai qing」、Rhye「Blood」あたりと迷いとりあえずこれということにした。前作の時点でめちゃくちゃ良かったし、昨年新しく聴いた音楽のなかでもトップクラスによかったのがものんくるだったんだけど、GAGLE「雪ノ革命」を思い出すようなフレーズが印象的な「夕立」に顕著なように、前作よりも音色のバリエーションが増えた。だからか全体的に前作よりポップでカラフルになった感じで、「RELOADING CITY」を聴けばしっかり元気になれたし、「何度でも繰り返し夢見る」を聴けばしっかり切ない気持ちになった。

9.Low「Double Negative」

DOUBLE NEGATIVE (IMPORT/CD)

DOUBLE NEGATIVE (IMPORT/CD)


好んで多く聴いたかというとそういうわけではないんだけど(そもそもLowみたいなバンドは雰囲気でしか聴かない)、衝撃度としてはかなり大きかった。「スロウコア」というジャンルを体現するようなダウナーなメロディセンスやソングライティングはいままでのLowと大きく変わっているわけではないのだが、ノイズやボーカルエフェクトの感じが現代的に変化していた。こういう昔からのバンドがいまのサウンドプロダクションに対応して様変わりするのを聴くと素直に「おおお」と感動する。
あまり多くは聴かなかったがBeach Houseのニューアルバムなんかもシューゲイザーやドリーム・ポップを現代の環境で制作することでアップデートしたような感じがあって、そういうのはすごくかっこいいと思う。

8.cero「POLY LIFE MULTI SOUL」

POLY LIFE MULTI SOUL (通常盤)

POLY LIFE MULTI SOUL (通常盤)


海外の作品で一番大きく変化したなと思ったのが先のLowだとしたら日本の作品でその変化に驚いたのはceroで、多くの人がたぶん年間ベストに挙げると思うんだけど僕も御多分に漏れずあげることにした。この変化のきっかけがSuchmosとのツーマンだったっていうのも好きなエピソード。ceroがもともと追求していた音楽のフォロワーが増えてきたなかで、ガラッと変えてくる感じがかっこいい。「なんかいままでの音楽とは違うぞ」という面白さで聴き始めたcero、ミツメ、シャムキャッツあたりにはなんかこう、常にシーン全体のなかで独自でいて欲しいみたいな勝手な願望がある。
ポリリズム、クロスリズムの多用みたいな音楽的変化がよく言われるけど、いままでストーリーテリングが持ち味だった歌詞も抽象的で「水」のモチーフを多用してアルバム全体を通して何かを語るようなものに変化していて、読み解くように聴くのも楽しい。

7.IDLES「Joy As An Act Of Resistance」

Joy As An Act of Resistance

Joy As An Act of Resistance


10日前くらいまでは入れるつもりがなかったのだけれども、急にハマった。いままであまり歌詞を聴いておらず、その限りではヒリヒリした、それでいて少しバカっぽさもあるパンク、という感じでしかなかったのだが、歌詞を聴くとポリティカルというかコンシャスというか、とにかく意識が高くて、だいぶ印象が変わる。
あと、これの歌詞を読み返したタイミングがちょうど「ボヘミアン・ラプソディ」を観た直後で、移民の友人について歌った「Danny Nedelko」という曲に「My blood brother's Freddie Mercury」という詞があって、なんかフレディ・マーキュリーの存在感に妙に感動してしまったというのも大きい。コーラス部分も妙にキャッチーで、ライブで暴れたくなる。

6.シャムキャッツ「Virgin Graffiti」

Virgin Graffiti

Virgin Graffiti


「AFTER HOURS」から前作「Friends Again」に至るまでのシャムキャッツは本当にほぼ大好きで、フジロックレッドマーキーでのステージも最前列で楽しんだのだが(リハのCoyoteから聴いた)、その一方で2018年に出した「このままがいいね」「カリフラワー」が個人的にはあまりしっくり来ず、このアルバムも全体を通して「AFTER HOURS」〜「Friends Again」のシャムキャッツと比べるとあまり好きではないと思う。が、疲れてるときとかに聴くと妙に沁みる。なんか泣ける。もうシャムキャッツがこういう沁みる曲を提供してくれるということがありがたくて仕方ない。
「Stuffed Baby」「BIG CAR」あたりはなんか奥田民生っぽさもあり、シンプルなロックを日本語でやっていると行き着く先が奥田民生なのかもなあとも考えたりした。なんにせよ結局の所いいアルバムです。

5.Arctic Monkeys「Tranquility Base Hotel & Casino」

Tranquility Base Hotel & Casin

Tranquility Base Hotel & Casin


「Star Treatment」の「Who you gonna call?」、あるいはアルバムタイトル曲の「Tranquility Base Hotel & Casino」の「Mark speaking Please, tell me, how may I direct your call?」(「Mark」はザッカーバーグのことだろう)といった歌詞に散りばめられた「call(呼ぶ/電話する)」という言葉がこのアルバムのキーワードではないか。一人で寂しいとき、助けが必要なときには、誰かを呼ばなくてはいけない。これだけ遠くにいても「繋がっている」ことはできるのに募る孤独感、そしてそれに対する苛立ち。それゆえに歌のナレーターたるアレックス・ターナーは月にホテルを建てる。…というのがアルバム全体に通底するイメージだ。だからこそラストの「The Ultracheese」の一節「We'll be there at the back of the bar / In a booth like we usually were(僕らはバーの裏でまた出会うだろう/電話ボックスで、昔会ってたみたいに)」という詞は本当に感動的で大好きだ。でも個人的にはこんな50年代のロッカバラードみたいにしてほしくなかった、あれじゃあコミカルに聴こえてしまう…なんてことを友人とよく議論したりしていたら、あっという間に一年が過ぎてしまった。今年はこのアルバムについてはいろんな人とよく話したし、結構よく聴いた。理解を深めるために、おそらくアレックスが参考にしたであろう「Hotel California」とか「Ziggy Stardust」を聴き直したりとかして、そういうのも込みで楽しかった。2018年の思い出という感じのアルバム。

4.小袋成彬「分離派の夏」

分離派の夏

分離派の夏


今年一番聴いたニューアルバムはこれなのだが、なんだか聴いていて共感できるときもあれば嫌悪感も抱くときもあって、正直評価が難しい。
ごく個人的な目的でつくられたアルバムである、ということはインタビューでも本人が述べているし。それにしてもリスナーを突き放すような内容だと思う。私小説的に歌詞を読もうとしてもぼやかしたり敢えて言及していない箇所も多く、インタビューでも煙に巻くような発言も多い。あまり詞ばかり追わず、軽い気持ちで聴こうとしても、語りの箇所で現実に引き戻されてしまう感じがある(特に、中盤の語りは、あちらが覚えているかは定かではないが、何度かお会いしたことのある方だったので、尚更「現実」って感じがする)。さらに「Selfish」における、「もう君はわからなくていい」という一節を痛快なまでに美しいファルセットは、聴くとなんだか詞のもとの文脈とは別に、突き放された気持ちを抱いてしまう。個人的な目的でつくられたものだからこその、聴く者を音楽自体が寄せ付けようとしない壁のようなものだろうか。その一方で音楽を聴いてその壁を超えることができなくても、なにか共感できるようなものがある、というのも事実で、おそらくこのアルバムが感動的に聴けるときというのはその共感がリスナーのなかで大きくなったときなのだと、聴きながら思った。

3.Homecomings「WHALE LIVING」

WHALE LIVING

WHALE LIVING


Homecomingsが日本語でアルバムつくったぞ!!!という感動。これまでみたいに歌詞カードを読みながら聴くっていうのもそれはそれで良かったけど、やっぱりいい音楽に乗っかるいい言葉がダイレクトに意味も音も同時に耳に入ってくるっていうのは、それだけで素晴らしいことだと思う。今作は実質的な一曲目である「Smoke」がボーカルの畳野彩加との共作であるのを除いてはすべてギターの福富優樹がやっているのだが、すごい人だなと思った。物理的・精神的な距離みたいなものがテーマ?になっていると思うのだが、それを表現する上で手紙がアルバム全体のストーリーにおける重要なモチーフになっているのも雰囲気がいい。
「Blue Hour」のギターの音がポーン、ポーンと鳴ってる感じは、そのまま夜道に点々と街灯が点いてる感じにイメージが直結していて、いい「夜の歌」だと思う。

2.butaji「告白」

告白

告白


曲調や歌詞の流れを追うと、最初の二曲は精神的な余裕なさ、苛立ちが表現されるのに対し、後半に流れていくにつれ、その苛立ちが落ち着いた現実に対する祈りへと変化していくさまが読み取ることができる。内容や、それぞれの曲調はまったく違えど、この流れは先にあげた小袋成彬「分離派の夏」にも近いものを読み取ることができるように思う。
butajiについては、公式サイトで掲載されたこの「告白」というアルバムについての前後編のインタビューがめちゃくちゃ面白く、このアルバムをつくったbutajiというアーティストの人柄が垣間見える。前編の冒頭では、自身が昔のインタビューで「どこにでも、行きたいところに行けばいい」みたいなことを話していたことについて、「どこにでも行けない人」のことを考えていなかった、という旨の発言をしているのだが、よく言えば非常にやさしい人だし、悪く言えば考えすぎる人で、「告白」という作品はそのままそのbutajiの人柄を反映している感じがした。
僕はこのアルバムではじめてbutajiを知って「こんないい音楽があるのか!」と感動したし、今年そういうふうに思う人は確実に増えているはずだと思うのだが、現時点でもアルバムに収録された曲のMV三曲は再生回数がまだ一万回超えていない。もっと知られてほしい、と思えるアーティスト。「EYES」のオルタナティブR&Bの質感も現代的で美しいし、MVがない曲では「抱きしめて」という曲が聴きやすくおすすめです。

1.Analogfish「Still Life」

Still Life

Still Life


僕のなかには「昔最寄りのTSUTAYAで試聴したけど結局借りなかったシリーズ」というのがあってそれはたとえばeastern youthだったりTHE COLLECTORSだったりしたのだが、そのラインナップのひとつであったアナログフィッシュがいまこんなことをやっていたのかということで最近ハマっている。「社会派三部作」と呼ばれている(らしい)「荒野/On the Wild Side」、「NEWCLEAR」、「最近のぼくら」の三作と、そのあとの「Almost Rainbow」と今作、どれもいい。特に「最近のぼくら」以降については圧倒的に全部いい。
Yogee New Wavesなど若手のバンドとの共演も多く、「シティポップ」と呼ばれる音楽ジャンルとも親和性の高そうで現代のバンドと比べてもなんら違和感なく聴ける感触ではあるが、そういった若手バンドに比べるとどこか着飾った感じがなく、聴いていると、ロキノン系がいまほど揶揄される前の、2004,5年のあの頃の日本のロックの質感が残っている感じもする。たとえとして正しいのかはわからないがたとえば、「Dig Me」のメロディにはトライセラトップスカスタネッツ「Ring」のメロディは暗い時期のミスチルあたりを思わせるものがある。その一方で一曲目の「Copy & Paste」は、James BlakeやBon Iverのようなデジタルクワイヤに呼応したかのようなアナログ多重録音での合唱で曲が進んでいったりと面白い。
一番気に入ったのは歌詞で、たとえば「Sophisticated Love」の「もうどうにでもなりたいのに/どうにでもなれない君と/どうにでもなれない僕」という一節はドラマ「獣になれない私たち」を観ていてふと思い出したり、あとは「静物 / Still life」の「”愛してる”なんて言っちゃいけないと思ってたよ」という箇所とかがよかった。最後の呂布カルマの客演が入ったラップ曲は一つだけ別物な感じがしてラストとしては少し違和感があるんだけど、かっこいいのでまあいいやという感じ。全体を通して、社会のなかで、誰かとの関係のなかで生活しているとどこかで疲れるし、考えすぎてしまうし…という感覚を丁寧に表現してくれている感じがして、2018年に聴いていて「しっくりくる」感じがした。

best songs

曲単位で好きだったものはプレイリストにまとめた。