b

いつまでも子どものままで

2017年ベストアルバム

毎年恒例にしていきたいキモいやつ。

ベストアルバム50

50〜31位

50.Ride「Weather Diariesspotify / AppleMusic
49.Alvvays「Antisocialitesspotify / AppleMusic
48.HYUKOH「23spotify / AppleMusic
47.RAT BOY「Scumspotify / AppleMusic
46.SuchmosTHE KIDS(通常盤)spotify / AppleMusic
45.Real Estate「In Mindspotify / AppleMusic
44.PARKGOLF「REOspotify / AppleMusic
43.E TICKET PRODUCTION「E TICKET RAP SHOW(通常盤)spotify / AppleMusic
42.唾奇 x Sweet William「Jasminespotify / AppleMusic
41.The World Is a Beautiful Place & I Am No Longer Afraid to Die「Always Foreign
spotify / AppleMusic
40.Bonobo「MIGRATIONspotify / AppleMusic
39.Arcade Fire「EVERYTHING NOW
38.思い出野郎Aチーム「夜のすべてspotify / AppleMusic
37.環ROYなぎspotify / AppleMusic
36.ヤなことそっとミュート「BUBBLEspotify / AppleMusic
35.FKJ「French Kiwi Juicespotify / AppleMusic
34.Kendrick Lamar「Damnspotify / AppleMusic
33.Father John Misty「PURE COMEDYspotify / AppleMusic
32.Sampha「Processspotify / AppleMusic
31.NORIKIYO「Bouquetspotify / AppleMusic

30.CHAI「PINK」

PINK※CD+コンプレックス図鑑(豪華ブックレット)

PINK※CD+コンプレックス図鑑(豪華ブックレット)

「NEOかわいい」って言葉とともに紹介されるイロモノで、そのイロモノ感があまり好きになれなかったのだが、一聴すれば音楽はカッコいい。「sayonara complex」の冒頭「私の思いは厚めのファンデーションで隠してロンリーナイト」って詞が超いいなと思ったのだが、これってそのままたぶん彼女たちの「コンプレックスこそアート」みたいな思いあってこそ書けた歌詞なんだろうなあと思ったら、簡単にイロモノっていうのもどうかなと思ってきた。まあイロモノなんですが。
spotify / AppleMusic

30.SALU「INDIGO」

INDIGO(通常盤)

INDIGO(通常盤)

とにかく全体を通して聴きやすい。特によかったのがゆるふわギャングを迎えてつくられた「夜に失くす」で、MGMTの大ネタありきのトラックもいいのだが、SALU、Ryugo Ishida、Sophieeのそれぞれが三者三様にいいヴァースってのもよかった。このアルバム発表後のSALUの活動はミックステープ「BIS3」やSKY-HI、向谷太一など数多くのアーティストの楽曲への参加、JP THE WAVY「Cho Wavy De Gomenne」のフックアップなどなどとにかく多岐に及んでいたが、このアルバムはその布石だったのかもなあとも思う。
spotify / AppleMusic

29.Bullsxxt「BULLSXXT」

BULLSXXT

BULLSXXT

spotify / AppleMusic
元SEALDsのUCDがラップする生歌ヒップホップバンドのデビューアルバム。2曲目「In Blue」には仙人掌が参加。このアルバムの強烈なオリジナリティは「政治色」をまったく隠そうとしていないところで、SEALDsが大きく注目を集めた2015年の時点からすでに街宣車の上からUCDがラップしていた「Sick Nation」も収録されている。ラップがめちゃくちゃうまいかというとたぶんそうでもないのだが、やっぱり言いたいことが力強くある表現者は強い。「傷と出来事」のフックっぽいところのフローがなんかを叩きつけてるみたいでよかった。

28.KID FRESINO「Salve(EP)」

Salve

Salve

奇しくも2枚連続してバンド編成でレコーディングされた日本のヒップホップだ…。元Fla$hBackSのKID FRESINOのソロEP。4曲しかないけどどれもいい曲でハズレなし。本人だけでなく客演もとてもよく、リード曲「Salve」のJJJによるフックだけでなく、「Keys open door」のCampanellaのラップも本当にカッコいいし、「by her」の茂千代の人間臭い感じもエモい。来年アタマのワンマンのチケット取れなかったのが残念。
spotify / AppleMusic

27.Vince Staples「Big Fish Theory」

BIG FISH THEORY [CD]

BIG FISH THEORY [CD]

海外のラップはあまり聴いていないが数少ない気に入ったもののひとつ。歌詞も読み取れぬままなところが多いが、USヒップホップでありながらトラックにUKガラージュっぽい感じがあるところがなんかカッコよくて好きで、1曲目の「Crab In a Bucket」からいきなり2stepっぽい。調べてたらこの曲、Bon IverのJustin Vernonが参加してる…すげえ…。
spotify / AppleMusic

25.けもの「めたもるシティ」

めたもるシティ

めたもるシティ

伊勢丹中心世界」「tO→Kio(トーキオ)」といった楽曲名が示すように、随所に東京やファッションに関するウィットに富んだ表現が散りばめられている。「中国語が聞こえてくるわ」と歌ったあとの「左の子はお姫様だし/右の子は平民丸出し」と韻を踏みながらのラインは皮肉たっぷりだし、フック部分の「銀座の街に革命が起こったらどのブランドを着て戦おうかな」という表現も面白い。しっちゃかめっちゃかなキワモノのような印象も抱くのだが、「River」というバラードはきっちり聴かせる感じの超名曲。誕生日(を扱った詞の曲なんです)の前後は本当によく聴いた。
spotify / AppleMusic

24.Ryohu「Blur(EP)」

Blur

Blur

  • アーティスト: Ryohu,河原太朗,Suyama Jackson,谷本大河,高橋絋一,Markun,AAAMYYY
  • 出版社/メーカー: LIQUOR&FOODS I.K / Less+ Project.
  • 発売日: 2017/10/11
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
KANDYTOWNのメンバーのなかで一番好きかもしれない。リリックも好きだし、生バンドのトラックもカッコいい。ズットズレテルズの時代からロックもヒップホップもアリの音楽をやってきてるっていうバランス感覚でやってきたからなのか、現在のトレンドに合った音楽を自然体でやってるところがカッコいい。最後の「Say My Name」のほぼピアノだけの静かな感じがオシャレ。
spotify / AppleMusic

23.Dirty ProjectorsDirty Projectors

Dirty Projectors

Dirty Projectors

もちろんアルバム全体の印象としてはまったく別物なのだが白人男性ボーカルのファルセットという共通点もあって、最初の二曲は昨年のJames Blake「The Colour in Anything」を思い出した。歌詞までそっくり。元恋人であり元メンバーでもあったAmber Coffmanとの破局・脱退といったゴシップ的なニュースを思い出してみると、確かにその過去を思い出すような詞は妙にリアルである。ただ、このアルバムの最後を飾る「I See You」、「Dirty Projectors」ってバンドが、最後に「The projection is fading away...」と歌うなんて、よくできすぎ。
spotify / AppleMusic

22.Nai Palm「Needle Paw」

Needle Paw

Needle Paw

Hiatus Kaiyoteのボーカルのソロアルバム。ボーカルとコーラスとギターだけで録られてることもあって、なんか人間の温かみを感じるような音楽になっててとてもいいと思う。Jimi HendrixRadioheadDavid Bowieなどのカバーもあって飽きない。「Haiku」って曲もあるのだが、この曲は基本的にヴァースは俳句の形式で書かれている。調べたら、英語でもできるだけ5音節−7音節−5音節で書くっていうルールのもとでHaikuという文化が存在しているらしい。おもしろ。
spotify / AppleMusic

21.サニーデイ・サービスpopcorn ballads」

Popcorn Ballads

Popcorn Ballads

22曲85分の大作。ほとんどの楽曲の展開のなさは、それまでのサニーデイ・サービスと比べると雑な曲作りという印象を受けなくもない。ただ、曽我部恵一はSWITCHでフェイバリットとして漢 a.k.a. GAMIの「っていうことだよね?」を挙げていたし、C.O.S.A.×KID FRESINOを起用したり、先にストリーミング配信してあとでフィジカルを発表したり、ヒップホップのスピード感に大きく影響を受けているのだろうと考えると、なんか腑に落ちた。ジザメリの名曲のオマージュのアイデアひとつでつくられたであろう「花火」が超よかった。
spotify / AppleMusic

20.Niia「I」

I

I

Niiaは「ナイア」なのか「ニイア」なのかいまだにわからない。女性ソロのR&Bアルバムって今年だとSZA、昨年だとSolangeとか、ここ最近傑作がたくさんあってすごいなあと思うのだが、僕はRhyeのRobin Hannibalがプロデュースということもあってこれが一番気に入った。「Last Nights in Los Feliz」はほとんどMassive Attackの「Teardrop」の2017年版という感じでおもしろかった。
spotify / AppleMusic

19.寺尾紗穂「たよりないもののために」

たよりないもののために

たよりないもののために

この人の作品をしっかり聴いたのはこれがはじめてだったのだが、なんだかたどたどしいビートに合わせて歌われる「幼い二人」が、歌詞と演奏の雰囲気がマッチしていていいなと思った。声がとてもよく、だいぶ前のものだが、YouTubeにあがっていたJoni Mitchellの「Case Of You」もよかったなあ。
spotify / AppleMusic

18.Julian Baker「Turn Out The Lights」

TURN OUT THE LIGHTS [帯解説 / ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (OLE13032)

TURN OUT THE LIGHTS [帯解説 / ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (OLE13032)

エモーショナルなボーカルもすごいが、ドラムレスでこの壮大な世界観。1995年生まれの22歳(ちなみに同い年のAKBメンバーとしていずりなこと伊豆田莉奈がいる)。天才だろ。
spotify / AppleMusic

17.Blue Hawaii「Tenderness」

Tenderness

Tenderness

全体的にハウスのテイストが増えていて、はじめて聴いたときはDisclosureみたいなハウス!と思って気に入った(いま聴くとそうでもなくて、むしろThe xxとかのほうが近いのだろうが)。アルバム全体に通底するひんやりとしたUKっぽさが好き。たぶん、2月にDisclosureの活動休止の発表があったから、それに代わるニューアルバムを求めてたのかもしれない。
spotify / AppleMusic

16.C.O.S.A.「Girl Queen(EP)」

Girl Queen

Girl Queen

形式としてはEPであるが、リリックでの女性への言及が多く、タイトルが示すとおり「女」をテーマとしてつくられたアルバムのようである。「I Can See Your Palm」では自身の伴侶に子どもが出来たら、という設定で物語をつくったとC.O.S.A.はインタビューで述べており、「リアル(=すべてのリリックは自身の実際の体験に基づいて描かれるべき)」が重視されるヒップホップMCとして世に出ていながらそれをあっけらかんと語ってしまうのは面白いし、逆に音楽における歌詞全般は何でもかんでもが自身の体験に基づいたものである必要はないんだなという感想を抱いた。
spotify / AppleMusic

15.Cornelius「Mellow Waves

Mellow Waves

Mellow Waves

とにかくまずは先行配信された「あなたがいるなら」で掴まれた。明らかに計算されつくされたズレと音の余白が気持ちよく、坂本慎太郎の詞もマッチしていて切ない。アルバム全体を通して死、未来といった「遠くにあるもの」を見ている感じがあった。「ほらね また だれか きみの うわさ している みんな きみを すきなんだ」っていうフレーズを聴くと、好きな「きみ」がいる輪を遠くから見ている感じがして切ない。なんか、小山田圭吾は寂しかったから久々にアルバムつくったんじゃないかと思った。
spotify / AppleMusic

14.Japanese Breakfast「Soft Sounds from Another Planet」

SOFT SOUNDS FROM ANOTH

SOFT SOUNDS FROM ANOTH

前作のほうが名盤とされる雰囲気もあるのだが、こっちをはじめて聴いて気に入ってしまったのでとにかくこのアルバムはよく聴いた。MVはつくられていないけど「Till Death」という曲が本当にやさしくて好き。キーボードのイントロから入るシンプルな構成の楽曲で、昔の日本の歌謡曲っぽい感じもあってなぜか聴いていて懐かしい気持ちになった。歌詞のメンヘラ感もいい。
spotify / AppleMusic

13.Rostam「Half-Light」

Half

Half

いつの間にかVampire Weekendを脱退していたRostam Batmanglijのソロアルバム。ボーカルがEzra Koenigでないことを除き、バロックポップのような音と変なビート、なんかクリスマスが近いアメリカっぽい(完全な偏見)感じがまんまVWで、もしRostamが脱退していなかったら次のVWこういう聴き心地のアルバムだったのかも、って妄想した。「Rudy」の「On the night that Rudy was born / Was a great thunderstorm / and Mama knew that / Rudy was Not like the other boys」という歌詞には、2015年ゲイであることをカミングアウトしたRostam本人が重なった。
spotify / AppleMusic

12.PUNPEE「MODERN TIMES」

MODERN TIMES

MODERN TIMES

「お嫁においで」やSTUTSとの「夜を使いはたして」といったヒット曲が入っていないにもかかわらず名盤感がすごい。おそらく好きな人にとってはすごく大切な一枚になるんだろうし、歴史的にも名盤として語り継がれるんじゃないか。インタビューを読んでいたら「クラシックっぽいのが求められてると思って焦ってて、未来の自分にこのアルバムをクラシックだと言ってもらうことにした」みたいなことを言っていて、そのアイデア一発でアルバムするするっとつくっちゃうとか才能に溢れすぎていてヤバい。「Renaissance」→「Scenario (Film)」の流れがホントに大好きで何度も聴いた。
spotify / AppleMusic

11.Homecomings「SYMPHONY(EP)」

SYMPHONY

SYMPHONY

インタビューで「音源だけでなく、ジャケットや歌詞カードや和訳なども含めて作品と思ってる」という話をしていたので、このEPは買って歌詞カードを読みながら聴いたが、これは確かに単に「聴く」とはまた違った体験で、この体験には英語詞が必要かもなと思った。ジャケットにはよく見ると「FOUR TALES OF SYMPHONY」って書いてあって、短編小説集のような趣もある。夜の孤独感とか寂しさがうまく表現された「PAINFUL」が個人的にはお気に入り。ストリングスとThe Whoみたいなダイナミックなスリーコードで出来てる「PLAY HARD SYMPHONY」は、詞を読みながら聴いてたらなぜだか彼らが敬愛するスピッツの「ヒバリのこころ」を思い出した(詞のテーマが近いんじゃないかと思った)。次のアルバムがめっちゃ楽しみ。
spotify / AppleMusic

10.BiSH「GiANT KiLLERS」

GiANT KiLLERS(ミニAL)

GiANT KiLLERS(ミニAL)

5曲だけ(+2017年verの再録楽曲)のミニアルバムだが、とにかくこの5曲が粒ぞろいで、表題曲を除く4曲はメンバー作詞(ハシヤスメ1曲、リンリン1曲、モモコ2曲)。BiSHのストーリーを知った上で聴くモモコ作詞の「Nothing.」がそもそもヤバいのだが、個人的にさらにヤバいのがリンリン作詞の「VOMiT SONG」。Bメロのアイナのあとのサビのアユニ。本当にこの声を聴くと、この人はBiSHに入るために生まれてきたんじゃないかと思える。ハグ・ミィの脱退からのアユニの加入、そしてアイナの喉の手術などを経て、アイナのボーカルに頼り切らない2017年版BiSHのスタイルが出来上がりつつあるのがわかる。何よりその空気感を確実に上手くレコーディングした松隈ケンタディレクションもすごい。
spotify / AppleMusic

9.BiSH「THE GUERRiLLA BiSH」

THE GUERRiLLA BiSH(AL)

THE GUERRiLLA BiSH(AL)

1曲目から「My landscape」の壮大さに圧倒され、ブレイクのリズムも今っぽくて素晴らしい。「SMACK baby SMACK」のアユニの歌い方の変化も面白いし、「FOR HiM」のCメロのモモコの力強さも吹っ切れた感じがして好きだし、アイナだけでなく全員のボーカルの個性がこれまで以上に楽曲の魅力となっている。メンバー全員の作詞した曲が入っているっていうのもいい。モモコは3曲作詞してるが特にヤバいのが「JAM」で、こんなに素直に気持ちを詞にできるなんて本当にすごいなと思った。ここからリンリン作詞の「Here's looking at you, kid.」→チッチ作詞の「ろっくんろおるのかみさま」の流れ本当に最高。スッキリとかMステ出てたとき、これからBiSHもPerfumeのような存在なってほしいなって思った。(もうなんか最後のほうレビューじゃなくてオタクの祈り)
spotify / AppleMusic

8.The xx「I See You」

I See You [帯解説・ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (YTCD161J)

I See You [帯解説・ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (YTCD161J)

アルバムタイトル、そしてメンバーがうしろのすりガラスから覗き込んでいるようなジャケット(これまでのジャケットも×印のモチーフを中心に使っていたというところでは変わっていないのだが、メンバーがすりガラスから覗き込んでいるような写真にはこれまでにない「色味」がある…このサムネイルじゃなんにも伝わらないけど)には、これまでと同じスタイルでいながら何かが変わった予感を覚える。実際サウンドはこれまでのただひんやりとしたサウンドから、Jamie xxのDJやソロ・アルバムのリリースなどの経験を大きく反映してか、ライブ映えする楽曲が多くなった。フジロックのライブを観に行けなかったし単独も観に行けないのが辛い。歌詞もエモい。
spotify / AppleMusic

7.tofubeats「FANTASY CLUB」

FANTASY CLUB

FANTASY CLUB

tofubeatsってアルバム単位というよりは楽曲単位でヒット作や名リミックスを量産しまくってるひと、というイメージだったのだが、楽曲タイトルを大文字アルファベット表記で統一してみたり、「アルバム」を作ろうとした感じが強く出ている。それぞれの楽曲単体でも聴けるがアルバム全体の曲順構成が絶妙で、歌のないトラックが単なるインタールード以上の意味を持って聴こえる。その音の質感こそリスナーによって好き嫌いはあれど、アルバム全体を通して歌われている感覚は、tofubeatsの同世代のほとんど誰もがどこかで一度は抱いたことがあるものなのではないかと思った。後半の「YUUKI」がやさしくて、そのあとの「BABY」はアンセムすぎてずるい。
spotify / AppleMusic

6.Beck「Colors」

COLORS [CD]

COLORS [CD]

内省的だった前作「Morning Phase」ではセルフプロデュースだったが、Greg Kurstinをプロデューサーに迎えポップな作風に一変したニューアルバム。アルバムのリード曲「Up All Night」はもともとボツ曲になるはずだったのだが、グレッグが「これはいい!」と絶賛したことで使われることになったという。BeckはGreg Kurstinが自分に自信をくれると語っているが、そういったまわりの人間が作風を変化させたのだろう。「No Distraction」におけるポリスっぽいポスト・パンクあり、「Wow」のトラップありとバラエティ豊かで飽きない。自由な感じがして聴いていて元気をもらえる。
spotify / AppleMusic

5.平賀さち枝「まっしろな気持ちで会いに行くだけ」

まずタイトルが超いいので、いいアルバムであることがわかる。愛する人に対する愛に溢れていて、聴いていて幸せな気持ちになれる。「虹」の「今日もどこかで君が笑っているとそう安心するようなさみしさを朝から一つ机にこぼして」って表現とか、本当にすごいなと思う。メロディと詞をまったく別個でつくってるのか、メロディに乗ったものを聴いてもどこで句点がつくのかよくわからん詞が多いのもそれはそれで面白かった。曲の下地は弾き語りのフォークという感じなのだが、様々なバンドのメンバーがバックバンドとして参加していてその演奏がまたよく、良質のポップスになっている。特にベースのイントロから始まる感じを含め、全体を通して60sとか昔のR&B、ソウルっぽさを感じる「春一番の風が吹くってよ」が本当に素晴らしい名曲。晴れた日に散歩とかしながら聴きたい。
spotify / AppleMusic

4.YUKI「まばたき」

まばたき

まばたき

YUKIの楽曲ってアルバムによって音楽性に変動があっても、詞世界なのかYUKI本人のキャラクターによるものなのか、どこかファンタジーっぽいところが特徴だったと思うのだが、この「まばたき」では、たしかにそういうファンタジー感はありつつも、なんかビターな感じがするというか、ファンタジーなのに大人が現実に向き合ってる感じがある。「ラ・ラ・ランド」と似ていて素敵だなと思った。すんげーいいアルバムなのに、僕のまわりのYUKIが好きといっていた人、誰ひとりとしてこのアルバムを聴いていなかった。Apple MusicとかSpotifyにある音楽しか聴いてないとこういうアルバム聴き逃すぞって感じがした。超いいので買うべき。ジャケもいい。
spotify / AppleMusic

3.The National「Sleep Well Beast

SLEEP WELL BEAST [CD]

SLEEP WELL BEAST [CD]

2017年はここまでのランキングにあげたものだとArcade FireやDirty Projectors、あげてないものだとFleet FoxesやBroken Social Sceneなど、2000年代から現在までのインディーロックシーンを牽引してきた大物たちがこぞってニューアルバムを発表した年だった。ストリーミング配信が定着したいま、当時はTSUTAYAになくてあまり聴けなかったこのあたりのシーンの音楽が大量に聴けるようになって楽しめたのだが、その中でもとにかく圧倒的によかったと思ったのがこれ。まず歌詞がわからなくても音の時点でカッコいい。先行配信された「The System Only Dreams in Total Darkness」で捉えられ、アルバムの配信が開始されたら一曲目の「Nobody else Will Be There」の寂しさに心を鷲掴みにされて…もうホント大好き。
spotify / AppleMusic

2.ものんくる「世界はここにしかないって上手に言って」

世界はここにしかないって上手に言って

世界はここにしかないって上手に言って

菊地成孔がプロデュースということで話題になったアルバム。僕はジャズは詳しくないのでよくわからないと思って敬遠していたのだが一回聴いたらめっちゃよかった。アルバム中盤にある「ここにしかないって言って」が短い楽曲ながら、曲名からもわかるようにアルバムタイトルをそのまま歌詞に取り入れており、アルバムの基調を示している。彼らの音楽にマッチした歌詞が良く、言葉選び自体も良いのだが(多少「世界」って言葉が強調されすぎてる感じもするけど)、電話の要件にたどり着くまでの心情を描いた「Birthday Alone」などに顕著なようにストーリーが美しい。ほとんどアコースティックギターだけでの「二人」とかも、ほんとすごい。このアルバムだけでなく、12月になって突如配信された新曲「魔法がとけたなら」も本当によかった。ツアーファイナルのライブも良かった。最高である。
spotify / AppleMusic

1.シャムキャッツ「Friends Again」

Friends Again

Friends Again

「AFTER HOURS」以降、その作風を洗練させてきたシャムキャッツの4年ぶりのフルアルバム。歌詞における語り手が一人称だろうが三人称だろうが、それぞれの楽曲で語られるストーリーの登場人物像や人間関係、あるいはその場面、風景がイメージできるシャムキャッツのよさは相変わらずで本当に最高。ただ、バンドメンバーたち自身は「〈目の前の日常、素晴らしいよね〉というだけのバンドになってしまう」ことを恐れ、楽曲面では今までよりもよりシンプルにし、ボーカルの夏目はギターをアコースティックギター一本に持ち替えてみるなど更なる音楽性の進歩を模索している。実際そういった模索は結果的にいままでのシャムキャッツとは違った質感としてこのアルバムに表れているのだが、そういったバンドメンバーの積極性がそのまま詞に反映されているのが「Travel Agency」で、日常から飛び出そうとするような「旅」のモチーフを採用している。ただ何と言ってもこのアルバムで一番いいのは「Friends Again」というタイトルのイメージに直接的につながってくる楽曲「Coyote」で、恋人と別れた主人公のその後を描いたような曲なのだが、7分にも及ぶ。冗長なので初めて聴いたときには多少飽きがくるのだがかなりのスルメ曲で、聴けば聴くほど、楽曲のほぼ最終部分の「いつかどこかでもう一度会えたら今より素直に話すよ」という一節をひねり出すための7分間だったかのように思えるところが本当によい。
spotify / AppleMusic

もろもろ思ったことなど

個人でベスト50は無理

2017年最初の時点から今年は年末に絶対ベスト50つくってやる!と決めて延々と聴いてきたのだが、無駄だった。上記にあげたアルバムのなかでも完全に聴きこめてないまま挙げたものも結構ある。これやってみてハッキリわかったけど、1年で50枚も好きなアルバムがある人ってアタマおかしいよ。20枚くらいが限界だと思う。これでもまだ聴き足りてないものがたくさん。slowdiveLCDBSSもSZAもあれもこれも、よくなかったから入れなかったんじゃなくてたんに聴けてないから入れてないってものばかり。どんだけ聴いても世間では「これは聴いとけ!」みたいなものが多すぎるので、トレンドとかすべて追いきろうとしても意味ない。もう音楽を量で聴くのはやめよう。本当にクソみたいだった。まあとはいえ上位10枚に関しては相当気に入ってるし、それらを聴けたってだけでよかったと思うけど。

spotify/AppleMusic/CD

2017年はspotifyとAppleMusicの両方に課金していた。spotifyのほうが操作性がいいのだが、正直聴けない楽曲が多かったのがげんなりした。上記のランキングにはすべてAppleMusicとspotifyのリンクを記載したが、AppleMusicになかったアルバムは3枚だったのに対し、spotifyになかったアルバムは8枚もあった。この8枚が全部日本の音楽だったら「ああ日本はこういうの乗り遅れてるからまあしょうがないんじゃないかなあ」とでも言えるのだが、Blue Hawaii、Alvvaysといった海外アーティストでもないものはないので、まだまだライブラリの充実度で言えばAppleのほうがいい。特に日本の場合はJ-POPがspotifyにないものが多かったり、日本のインディーズバンドでもAppleMusicでは配信してるけどspotifyまでは手が届いていない、というのが結構いるので、どちらか課金するのであれば僕はAppleMusicのほうがいいと思う。
spotifyはPCでは右側に友人の最近の再生曲の情報が流れてきていたり、プレイリストのシェアもしやすい。そういう「音楽はシェアするもの」という前提でつくられてるっていう感じが今っぽいしとてもいい。しかし、実際にはspotifyの普及率は若者でもおそらくそこまで高くないし、新曲が発表されたときにspotifyをシェアしても聴けないひともまだ多い。
あと、そもそもサブスクリプションって「聴き放題」だから、そこにある楽曲が世界の音楽のすべて!と錯覚しちゃいそうになるんだけど、むしろspotifyやAppleMusicにないけど確実にいい曲って、日本の場合はメジャー/インディー関係なく山ほどあって、ランキングに挙げたものだとYUKIもそうだし、あと日本のヒップホップは結構はいってない人多くて、5lackとかNORIKIYOとか。あと地下めのアイドルもその傾向があったりして…。
サブスクリプションで聴けない音楽を定期的にチェックしないといろいろなものを見落とすなあということも感じたので、今年はそこそこCDを買ったと思う。サブスクリプションで聴けるのに歌詞カードやライナーノーツや訳詞、ステッカーなどのグッズ欲しさに買ったものもあった。CDの可能性は握手やチェキや選挙だけではないのではないかと、ほんのちょっとだけ思った。

日本/海外

せっかく無駄に50枚も並べたので国別比率みたいなのも出してみると、全50枚のうち、半数以上の27枚が日本、13枚がアメリカ、イギリス4枚、カナダ3枚、オーストラリアフランス韓国がそれぞれ1枚ずつとなった。
やっぱり日本語の歌詞のほうが意味がちゃんと頭に入ってくる感じが気持ちよくて日本のものが多くなる。とはいえ日本のものばかりだとつまらないので海外のものを聴いても意味がわからなくて辛い。英語ならまだ入ってくるところもあるのだが、英語圏以外の音楽となるとさっぱりわからないし、訳詞を読んでもその言語の文法や単語がわからないとどう訳したのか、元はどういうニュアンスだったのかというのがわからないので、本当にわからない。49位に挙げたヒョゴは韓国語がわかればもっと上の順位だったと思う。
ランキングにあげたものだとシャムキャッツ、Homecomings、CHAIあたりは海外でのツアーなども組んでいる。その国のバンドの交流があったりもして、日本の彼らのライブにそういうバンドが招待されたりもしている。韓国や台湾、あるいはタイなどの東南アジアなどアジア圏の音楽もカルチャー系のメディアではそこそこ取り上げられるようになったので聴くようにしていたが、何度も聴くほど好きにはならなかった。歌詞のことを考えると「わからない」ばかりでストレスになってしまうから、海外の音楽に目を向けなくても気にならないくらい、もっと日本の音楽が多様になってほしいと思っている(もちろんそれでも海外の音楽も聴くだろうけど)。
あと、単純に国別っていうのでわけると思ったよりイギリスが少なかったなと思う。もともとブリットポップなどを聴いてきたのでUKはロックにかぎらず結構贔屓してるところがあるのかと自分で思っていたがそうでもなかった。ただ、Vince StaplesやBlue Hawaiiあたりには明らかにUKガラージュっぽさを感じて聴いていたのはあるので、ロックではないものの、結局は「UKっぽさ」は好きなのかも。

バンド/ソロ/アイドル/クルー

グループアイドルが再び新たな形で日本の音楽のあり方の一つとして定着し、フリースタイルダンジョンの開始から2年がたってヒップホップも確実に市民権を得た。音楽制作においてもPCひとつあれば素人でも曲をつくれる時代である。ツアーをするにも、アイドルの場合は録音音源さえあれば機材を運ぶ必要はないし、ヒップホップにしたってバンドよりも機材の数は少なくて済む。このような時代状況のなかでは、同じ固定のメンバーで、ギターとベースとドラムとプラスアルファいくつかの楽器という構成が主流の「バンド」という形態の存在意義はほぼなくなりつつあると言ってしまってよいだろう。
ただでは完全に一人でやっていればいいかというとそうでもなくて、あげたものでいうとYUKIは基本的に自身のキャラクター以外では歌と作詞以外はすべて誰かに任せているし、トラックメイクもすべて自分でこなせるPUNPEEでさえラップでは何人かを呼んでいるし、トラックも収録曲すべてPUNPEEがつくったわけではない。BeckもGreg Kurstinとの共同作業だったからこそ前作とは様変わりしたアルバムをつくることができたわけだし、平賀さち枝の今回のアルバムもバックバンドの存在意義があまりに大きい。BiSHだっていまの6人のメンバーは最高だけど松隈ケンタのレコーディングディレクションがあったからこそ大きく成長している。このようななかで「バンド」という形式自体の存在意義の低下は認めつつも、「バンド」という形態に付随するメンバーの仲間の関係は音楽制作の上で非常に重要なのだろうなと、今更だが改めて思った。
楽曲制作のあり方は少なくとも海外においては、同じメンバーがずっと一緒に何曲もつくっていくというスタイルよりも、楽曲単位で共同作業者を変えていくスタイルが主流になりつつある。おそらくこういう制作スタイルは、共同制作した双方がそれぞれの次回の作品にその制作のなかで学んだエッセンスを取り込むことができるし、ジャンルを越えた影響を与え合うことができる。音楽のクロスオーバーが当たり前な時代を反映しているとも言えるだろう。同じヒップホップのジャンルでも、ラップの仕方は個々人によってまったく違ったりするから、一緒につくったあと互いに影響を受けてフロウやリリックが変化するってことが結構ある。
というふうに考えると、音楽ってそのまま制作陣の個々人の能力と人間関係がいままで以上に反映されてると思って聴いたほうが面白いなと思った。だからか、例年インタビュー記事は自分が聴いていてのイメージが限定されてしまうからという理由で読まないことが多かったのだが、今年はインタビュー記事から誰とどういう雰囲気でつくったのかみたいな情報を仕入れているのがめっちゃ楽しかった。今年上位10枚にあげたものは、たぶん日によってはまったく別のランキングになったりするんだけど、それでもシャムキャッツを一位にとりあえずしたのは、彼らが「Friends again」(そもそもこのアルバムタイトルがバンド内の人間関係っていうところと奇妙に響鳴するっていうところも面白い)をつくるにあたってバンド内でのパワーバランスを調整した(すげーざっくりとした言い方だけど)みたいなエピソードが面白かったからだったりする。

「やさしい」音楽を好んだ一年であった

割とここまでの話は時代状況とかも含めて書いてきたんだけど、ここからは完全に超どーでもいい個人的な話で、今年は特に「やさしい」音楽を好んで聴いた気がする。
「やさしい」というのは、自分でもうまくまとめられないのだけれど、「がんばれ!」「変わるんだ!」「勇気を出すんだ!」といった類の応援ソングでもなく、かといって「そういうのも悪くはないんじゃない?」というようなあまやかしソングでもなく、かといって鬱ソングや自虐ソングでもないなにか、だと思う。具体的には、BiSH「VOMiT SONG」「JAM」、tofubeats「YUUKI」、Suchmos「MINT」、YUKI「聞き間違い」、Homecomings「PLAY HARD SYMPHONY」、あとは平賀さち枝のアルバムの各曲などあたりがすげー「やさしい」と思った。

以上、単なるオナニーでした。2018年も楽しみです。

「LA LA LAND」と「二人セゾン」

youtube.com
(文中にネタバレあり)
「ラ・ラ・ランド」を観た。このブログは、比較対象として欅坂46の名曲「二人セゾン」をとりあげながら、「ラ・ラ・ランド」の面白さについて書こうとしている。いかんせん映画に対する教養があまりなく、ふんだんに取り込まれたというオマージュがほとんどわからなかったので、なぜかアイドルの楽曲とくらべてしまった。どうしても何か書きたかったのだが、書こうにもこれしか方法がなかった。どうか全体的な荒唐無稽さにはお許しいただきたいです。

四季:春夏で恋をして/秋冬で去っていく

フランスのミュージカル映画シェルブールの雨傘」のオマージュだそうだが、この映画は4つの季節ごとにシークエンスをはっきりと分けている。そしてそこで描かれるテーマはかなり明確で、ほとんど4つの季節が持つイメージをそのままストーリーに重ねている。互いに苦境に立たされていた冬に二人は出会い、春夏で恋をして、秋冬で別れるのである。「春夏で恋をして/秋冬で去っていく」と歌う「二人セゾン」そのままである。
www.youtube.com
四季は、何度も繰り返す永遠の象徴である。冬が終わり、春が来る。夏が終わり、秋が来る。そうやって四季は繰り返していく。大林宣彦がどこぞにロケに行ったときに、特殊な気候のお陰で、左に柿がなった木が、右に満開の桜の木が並んでいるという奇妙な背景を目の当たりにしてなんかすごく変な(確かどちらかというとネガティブな方の)気持ちになったという話をどこぞに書いていた。こういう季節の循環に狂いが目に見えたとき気分が悪くなるのは、「永遠性」のゆらぎを感じるからなのではないかと思う。「ラ・ラ・ランド」もその四季を構成に入れていることから、永遠を想起させる作品だ。ただし、その永遠は、不変を意味するわけでない。四季は永遠だが、永遠に変化を繰り返すのである。

夜明け:繰り返される永遠の象徴

ミュージカルを扱った映画なので、音楽がふんだんに取り入れられている。そして、その作中の音楽の歌詞がいい。もともとの英語の韻文も聴き取れる範囲だけでも気持ちがいいし、和訳したあとの言葉選びにも、多くの人がどこかしらで魅力を覚えるのではないだろうか。詞の内容はありふれたテーマなのだろうけど、言葉が音楽に乗ったときに異様にパワーアップするあの感じが、そのまま伝わってくる。冒頭流れる「Another Day of Sun」の

And when they let you down You'll get up off the ground
'Cause morning rolls around And it's another day of sun

なんて、わかりやすい。夜明けのモチーフが歌詞に取り込まれてる音楽ってやっぱりグッとくるものが多い。
新たな一日のはじまりは、希望の象徴である。そして同時にある人間にとっては「また嫌な一日が始まる」という絶望の象徴でもありうる。一日の始まりを告げる夜明けは、そういう風にいろいろな人々の希望と絶望を、毎日呼び起こす。毎日。でもその希望や絶望は「どんなに辛い毎日でも明るい光はやってくる」「こんなにつらい毎日が、また朝から始まる」と、永遠に繰り返される日常があるからなのではないだろうか。夜明けとは、つまり永遠の象徴なのである。
先に引用した一節が流れる、冒頭の高速道路での大渋滞のなかでのミュージカルシーンは夜明けでもなんでもないが、ミアとセブの出会いは、夜明け前のバーである。そしてそのあと、二回も三回も、何回も奇遇にも出会う。二人の恋は、永遠を予感させる夜明け前にはじまるのである。
先の「二人セゾン」もまた、一番Bメロにこんな歌詞がある。

太陽が戻ってくるまでに 大切な人ときっと出会える
見過ごしちゃもったいない 愛を拒否しないで

恋は、永遠を予感させる夜明け前に始まる。そしてそれは繰り返されていく(最後にはミアとセブは別れるし、『Another Day of Sun』の冒頭も、男女の別れから始まっていることを思い出そう。この映画は、直接的にではないものの、確かに循環している)。こんなところでも、「ラ・ラ・ランド」と「二人セゾン」は奇妙に一致する。

映像の繰り返し:同じだけど、何かが違う

夜明け、季節といったモチーフをうまく利用することで、「ラ・ラ・ランド」も「二人セゾン」も、「繰り返し」の美しさを効果的に感じさせる作品となっている。「循環」(『二人セゾン』のサビを聴いていると、永遠にそれが続いてほしくなるような快楽があるが、ここは『今夜はブギー・バック』や七尾旅人『サーカス・ナイト』と同じ甘美な循環コードだ)とか「永遠」とか言ってもいいし、人によっては「諸行無常」と表現するかもしたほうがわかりやすいかもしれない。しかしここでは「繰り返し」という言葉にすべてを集約させることにする。「ラ・ラ・ランド」は、さらなる表現でこの「繰り返し」をよりドラマチックにしてしまうからである。どういうことか。
この映画は、映像もまた、「繰り返す」のである。作中でミアとセブは「理由なき反抗」を一緒に観るのだが、その上映は中断してしまう。しかし、その後、さっきまで見ていたはずの「理由なき反抗」とほぼ同じカットが流れ、そのままミアとセブはグリフィス天文台でファンタジックな時間を楽しむ。中断によって潰えた物語中の物語「理由なき反抗」は、同じ、でも少し違う映像の繰り返しによって物語「ラ・ラ・ランド」を次へと進めるのである。そもそも、過去の名作へのオマージュがふんだんに取り込まれたということでも話題になっている本作だが、オマージュとは、過去の表現手法をそのまま「繰り返す」ことでもある。
ラストシーンもまた、同じシーンの繰り返しによって印象的に描かれる。5年後の冬(別れの季節!)、ふと夫と立ち寄ったバーで偶然にもステージに立つセブに遭遇するミア。セブの演奏が流れると、それに合わせて、それまでに観客の私たちが観てきた過去の二人のシーンが繰り返される。しかしそれぞれのシーンは、さきの「理由なき反抗」のオマージュと同じように、確実に何かが違う。映画の序盤で出会った際には肩がぶつかっただけだったミアとセブが、出会い頭に熱いキスを交わす。彼らの関係を崩壊させる一因ともなっていたはずのキースとの仕事もあっさりと断り、客もまばらで大失敗に終わったはずのミアの一人芝居の公演は満員御礼で大成功となる。そして、ついさっき見たばかりの高速道路に降りるカットがもう一度流れる。そして先のバーに入っていくミア。しかし、そのミアの隣に並ぶのは、さっき見たばかりのカットに写っていた男ではない。セブだ。
シチュエーションはまったく同じ、なのに起こっていることはまったく違う映像が立て続けに流れ、やがて「こうあり得た未来」が、セブの演奏に合わせて映し出されていく。映画の中で、これも何度も繰り返し使われてきたピアノリフ(そもそも、リフって言いたくなっちゃうくらい、このピアノリフは、聴いているとなぜか延々と続く感じがする!)から、いつの間にか音楽は、映像の中の「こうあり得た未来」に合わせて、ドラマチックに転換していく。ミアはセブの子どもを妊娠し、二人はともに夢だったバーを経営している。

あまりに印象的なラストシーン

彼らは、何度も繰り返される夜明けと、そして何度も繰り返される四季とともに、生きてきたはずだった。しかし、その生をまた別の形で繰り返して生きたとき、そのあとに訪れる未来は、まったく違うものになっている。「繰り返す」ということは、そんな単純なものではない。繰り返す日常のなかでの些細な選択が、何かを大きく変えていく。これもまた、「二人セゾン」の

一瞬の光が重なって 折々の色が四季をつくる
そのどれが欠けたって 永遠は生まれない

の一節を想起させる。ラストシーンだけで、「二人セゾン」が描こうとしていたものを、より象徴的に、そしてあまりに印象的に描き出す。作中で嫌そうに会食をしていたお偉いさんと結婚した現在のミアと、「こうあり得た未来」におけるセブとともに生きるミア。それまでヴィヴィッドな色合いのドレスを身にまとった姿が印象的だったミアが、このラストシーンでは黒いドレスを着ているせいか、そのコントラストはあまりに強烈だ。しかしその展開と、それを見せる映像のあまりの美しさを前にしては、現在のミアを卑下することなど到底出来ない。
これを観て映画館を出て一番最初に、何に思いを馳せるだろうか。過去を悔やんだり懐かしんだりするか、未来を見るか。それともいまの自分と向き合うか。夢か、恋か、あるいはまた別の何かか。たぶん人それぞれ、まったく違うことなのだと思う。しかし、こういった繰り返しのイメージが、何かに思いを馳せてしまうこの作品をより力強くしている。わずか二時間ちょっとの観賞時間で、人間の一生、あるいはそれ以上のスケールの大きなものを見せられたようだった。

二人セゾン

二人セゾン

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン,ジャスティン・ポール,ジャスティン・ハーウィッツ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る

「たかが世界の終わり」と家族


『たかが世界の終わり』予告編

グザヴィエ・ドラン(ずっと「クサヴィエ・ドラン」だと思っていた…)「たかが世界の終わり」を観た。
前日、東京で一個予定があったあと、横浜で両親と会うということになっていて、どこかで合間で映画でも観たいなと思っていた。もともとは新宿でSiSのドキュメンタリーを観るつもりだったが、上映時間がレイトショーの時間帯だけだったので、その時間には横浜にいなければいけなかったので泣く泣く断念した。横浜まで来てから何か観たいなと思って調べていたら、次の日の日中ちょうど観れるということで、夜は両親と久々に団欒し、そのまま一緒にビジネスホテルに泊まって、次の日に観た。前々からグザヴィエ・ドランの作品について「一度観て感想を教えてほしい」と友人に言われていたので、ちょうどよかった。

親元を離れ作家として活躍する主人公ルイは、12年も実家に帰っていない。しかし自分の命が長くないことがわかり、それを伝えるために久々に実家に帰ってくる。そこで過ごした一日を描いた作品である。
フォーカスされるのは、「死期が近い主人公」ではなく、家族との会話そのものである。しかもその会話の内容もまた、ルイの告白ではなく、他愛もないものばかりである。しかし、家族の会話はいちいち不穏で、どこかで暴発しないかビクビクして観ていなければいけない。同じ部屋で誰かと誰かが会話していると「どうせその話はコイツは興味がない」とか「またその話か」とか言って誰かが入ってくる。そしてそのあとでそれを遮るように「黙ってて」とか「なんでそうやって突っかかってくるの」とか返すと、いつの間にか会話が喧嘩腰になり、その空気感を察した誰かが別の話題を持ち込む。会話は破綻し「しっかりと終わる」ことがない。ワンシーンだけ、O-ZONEの「恋のマイアヒ」がラジオから流れた瞬間、母が「エアロビのときに流れている音楽だ!」と興奮気味に踊りだすのだが、そのときシュザンヌがかろうじて合わせて踊ったときだけ、なんとなく家族の調和がとれているような箇所があるが、それさえも音楽の大きさや、映画の作風に見合わぬ選曲に、気味の悪さを覚える。
会話が破綻し、暴発しない限りは、よくある家族の会話なのだが、全体的に、なんか暗い。主人公の命が長くないという情報と、あとはBGMのセレクトの問題だと思う。前日日中に会った方に、どこぞの小劇団で、同じ会話のシーンを何回も繰り返すんだけど全部違うBGMにするだけで会話の内容が様変わりするという演出をやっているところがあってそれが面白い、という話を聞いたのと、友人から聞いていた「グザヴィエ・ドランの音楽の使い方はヤバい(おそらく肯定的な意味でだと思う)」という事前情報があったから、なおさらそう思う。そう考えると、映画における主題歌やBGMの選曲はかなり重要だ。
でも、久々の家族との会話というのは、本当にそのままこういうものなんじゃないかと思う。前日に家族が集まって久々に外食をしたときの会話も、ほとんどこの映画のままだった。別にうちの家族は「ヤバい」人間は誰一人いないと思う。ただ、なまじ「家族である」という認識があるだけに、思ったことをそのまま喋ってしまっていいと思っていると、会話の相手を非難するような言葉を簡単に発してしまうし、それを聞いた相手も感情的になってもいい会話だという認識があるのでそのまま感情的に喋ってしまう。そのまま会話は暴発し、後味の悪い感じで話が終わることなく途切れてしまい、なんとなくまた次の話題になる。だいたい会話の中身にはほとんど意味がないし、それが完全に終わるということもない。家族の会話って、9割くらいそんな感じなんではないだろうか。
こういった会話は、自分の思い通りに会話が進まないどころか、確実に悪い方向に会話が転んでしまうことがわかっているので、僕はあまり加わりたくない。だが、そういう風にしているとフラストレーションがたまるし、せっかく久々に家族と会っているのに話さないなんてもったいないなあと思うし、何よりなんだかこの歳になってもいまだに両親と仲良くいられない自分がみっともないという後ろめたさなんかも覚えるようになってしまう。それでなんとか会話に加わろうとすると、自分にそのつもりがないのにどうしても会話を暴発させる一因になるので、余計に自分がみっともなく思え、気分が悪い。だいたい家族に会ったとき、日によってほとんど黙ってる日とそうでない日があるが、どちらにせよ誰のせいでもなく気分が悪くなるんだから気分が悪い。
だからか、映画の主人公ルイは会話のほとんどで聞き手にまわり、自分の返答を求められている言葉に対しても、二言三言でしか返さない。母親も兄も妹も、ルイのことを「よくわからない」と言っている。でも、久々に会っているという状況ならなおさら、よくわからなくて当たり前だと思う。家族はみな「わかりあえているはず」「わかりあえていなければいけない」という幻想は捨てないと結構キツいんだと思う。
兄弟揃って車でタバコを買いに行く車中の会話のシーンは、家族(というかもはや人間同士さえ含んでる)の「わかりあえなさ」を露骨に描いている。深夜の便の飛行機に乗ってきたから、まだ夜も明けない朝方に到着した主人公は、家族を驚かせてはいけないと適当な時間になるまで待っていた、という他愛もない話をするのだが、劇作家特有の言葉遣いが鼻についたのか、それに対して揚げ足を取るかのようにつっかかり、「だからなんなんだ。上質紙に赤い印字がされた経済誌でも買って読んだのか。ポテトを揚げていたから服に臭いでもついたのか」と、そのあとの会話の内容さえバカにするように怒鳴り立てる。ほとんど兄の弟の話を聞く態度には、弟を理解しようという姿勢は(一度それを見せようとはしているものの)ほぼない。にもかかわらず、兄は「ほうっておいてほしいというときもある。わかるだろ」と、弟には理解を強いる。
とはいえ、弟のルイもまた、兄アントワーヌ、あるいはそれ以外も含んだ家族たちの気持ちを理解しきれてはいないはずだ。完全に別の話になるが、少し前に平野啓一郎の『空白を満たしなさい』を読んだ。三年前に死んだはずがなぜか生き返ってしまった主人公。家族のもとに戻っても、職場に戻ってみても、どこか関係がぎこちない。戸惑う主人公に対し、友人や上司が「お前がいない間、みんなはお前がいなくなった穴を埋めてきたんだ。そこにお前が戻ってきたんだから、異物が入ってきたのと同じ状態で、ぎこちないのも当然だ」といった話をする。ルイは自分がいない間に「穴が埋められている」ということをわかってはいるがどうしたらいいかわからないまま、家族たちと話していたのではないか(実際、その抜けた穴にするりと入ってきたように、12年ぶりの帰郷に際しいた新しい登場人物である兄嫁に対して、ルイは最初に会話する)。
とかく、家族だろうが、長い間会っていないんだからそりゃあすれ違いだってある、という話だけなんだと思う。でも、たかがそれだけの話を、これだけシリアスに描いてこんなにかっこいい作品の存在は、「たかがそれだけのことで悲しんだり悩んだりしてもいいんだ」という慰めみたいなところがあって、すごくいい映画だった。

2016〜2017の観たもの、聴いたものの感想など

2017/02/14

先日のグラミー賞Beyonceが最優秀アルバム賞などの主要部門での受賞を逃した。昨年のグラミー賞もまた、Kendrick Lamarが本命とされていながらTaylor Swiftが最優秀アルバム賞を取った。ここ数年ブラックミュージックの影響力はどう考えても見過ごせないほどに大きなものになっていて、その影響は日本の音楽にも大きな影響を及ぼしているはずだが、グラミー賞はそれを黙殺したと言える。
Beyonceの「Lemonade」は2016年の年間ベストアルバムでは軒並み上位にランクインしていた素晴らしいアルバムのようだが、僕はあまり聴かなかった。かろうじてFrank Oceanを聴いたくらいで、結局Solangeもまだ聴いていない。一昨年もKendrick Lamarのアルバムはあまり聴かなかった。英語だから理解できないんじゃないの、といわれればそれはそうなのだが、英語詞を訳す作業をしても、やはりあまり感動はなかった。いや、別にどれも音楽はカッコいいんだけど。何度も聴くかと言われるとそうでないというか…。

2017/02/11

友人に勧められて「沈黙-サイレンス-」を観に行った。アメリカの映画だが、原作は遠藤周作で、演者には著名な日本の俳優が数多く名を連ねる。
とにかくあらゆる面でクオリティが圧倒的感があって、映画に引き込まれたのはそれはそうなのだが、その一方でこの映画で描かれているテーマに対して距離をとっている、というかとらされている自分がいた。映画でなくてもなんでもいいんだけど、どんなに自分と縁のない世界を描いたものでも、どこかに自分を重ね合わせてしまう登場人物が少しくらいいたりするものだと思うのだが、そういう人物がいなかった。アンドリュー・ガーフィールド(彼が『ソーシャル・ネットワーク』で演じたエドゥアルド・サベリンは本当に好きなキャラクターだ)演じるロドリゴの葛藤にも「なんか、わかるけどなんだかなあ…」という感じがした。そして、この映画で描かれる隠れキリシタンの人々は日本人が演じているわけだけれども、ほとんど宇宙人を見ているような感覚だった。小松菜奈ちゃんは「渇き。」のときより宇宙人だった。

2017/02/02

東京タラレバ娘」第一話のエンディングが流れた瞬間は、思わず声出た。Perfumeの「TOKYO GIRLS」。
ダブステップを意識したリズムの音数の少ないイントロが鳴った瞬間に心を掴まれる。EDM的な曲の展開に何かが始まる力強さを見てしまう。「東京タラレバ娘」では「カルテット」のほうが面白いし…などと言っていてもそれでもやっぱり観てしまうのは、この曲を聴きたいがため、みたいなところもあるくらいには、好きな曲だ。
年齢設定が引き下げられたというドラマ版は、主演に吉高由里子榮倉奈々大島優子榮倉奈々は早生まれとは言え、奇しくも三人共1988年生まれ。Perfumeと同じである。そんなPerfumeが(ドラマで吉高由里子たちが「お前たちはもう女の子じゃない」と言われたあとにも)「夢見るTOKYO GIRL」と歌い切る。アラサーの女たちのエモーション、ヤバい。もし僕が女だったらこの曲を聴いて泣くと思う。

2017/01/16

西野カナが好きである。
一年前か二年前か、忘れたけれども、僕よりも少し前から、友人が「西野カナはいい」と言っていて、当時はあまり聴いていなかったし、「会いたくて震える」バイアスが強くかかっていた僕は何がいいのかわからず、実際に「何がいいの?」と尋ねた。友人は「歌唱力が素晴らしい」以上何も言わなかった。ライブ映像を見たが、さして上手いとは思わなかった。
現在のバイト先で、西野カナがよく流れるので、何百回と聴いた。そして気づいた。西野カナは歌詞がいい。あとで調べると、その歌詞の面白さに言及している記事がいくつかあり、「ああ、結構同じことを考えている人がいるんだ!」と嬉しくなった。
特に「Have a nice day!」という曲が好きである。恋に仕事に頑張る女子の歌。「夜中のスイーツラララララ/ダイエットはまた明日から」という言葉のリズム感も、歌っていることも最高だし、サビも非常に元気をもらえる。毎日同じことの繰り返しの毎日だが、なんとなく頑張ろうという気分になれた。この曲は「関ジャム 完全燃SHOW」の企画「売れっ子音楽プロデューサーが本気で選んだ 2016年のベスト10」で、いしわたり淳治が一位に選んでいた。納得のセレクトだと思ったと同時に、ちょっと上手くできすぎだ、とも思った。

2016/10/15

宇多田ヒカルの「Fantôme」に「ともだち」という曲がある。水曜日のカンパネラの楽曲にも参加している小袋成彬がフィーチャリング参加している。友人のままなら側にいれるけど、恋愛関係になりたい。でもそれを言ったらどうなってしまうのか…といった内容の歌詞で、曲のリズム感もあわせて好きだったのだが、これについて宇多田は同性愛に関する歌であると明言していると知った。その情報を知るまで、まったくそういう歌とは気づかなかったが、今度はまったく別物の歌に聴こえてきた。音楽は情報によって意味合いが変わる。それが何について、誰のために歌われているかという情報は、詞の意味を大きく変えてしまうなと思った。

2016/09/29

James Blakeの新譜を聴いた。「Meet You in The Maze」という曲がすごい。ボーカルの多重録音にエフェクトをかけまくった曲で、内省的で途方もなく美しい。「Music can't be everything.」と何度も繰り返される。音楽は全てではない。音楽は全てにはなりえない。ついでにたぶん映画も、アイドルも、テレビドラマも…「全て」になりえないんだと思う。そう考えたら、すごく悲しい気持ちになってきた。

2016年ベストアルバム/ベストソング

ベストアルバム

1.BiSH「KiLLER BiSH

KiLLER BiSH

KiLLER BiSH

個人的な思い入れがあまりにも強く1位。10月8日の日比谷野音でのツアーファイナルでのアンコール「オーケストラ」は本当にすごかった。
シティ・ポップにトレンドが完全に移行しきった2016年、アイドルの多くもまたそういった音楽性を持ったグループが「楽曲派」ウケという小さなパイを奪い合う中、BiSHは徹頭徹尾エモとパンクを貫いた。このアルバムがその証左。最高なのでみんな聴きましょう。
www.youtube.com

2.Bon Iver「22, A Million」

22, A Million

22, A Million

恥ずかしながらBon Iverをまともに聴いたことがなかったのだが、いいアルバムすぎてぶっ飛んだ。神秘的でちょっと暗いんだけど、なんか内に秘めたものを爆発させたような壮大な感じでたまらない。オートチューンなども含めたボーカルの多重録音のハーモニーに心を揺さぶられる。機材などについてはこちらが参考になる。読んでもよくわかんなかったけど。

3.宇多田ヒカル「fantome」

もとはといえば、KOHHをフィーチャーした「忘却」を教えてもらい、それがあまりにすごかったのでそれを聴くためだけに買ったアルバムだった。「忘却」は確かに死ぬほどよいのだが、それ以外の楽曲もとても素晴らしい。アイドルソングに慣れすぎているため最初は削ぎ落とされたシンプルな音作りに物足りなさを覚えたが、どうやらこれくらいのほうがいいらしい。
客演も豪華で、椎名林檎とのデュエット「二時間だけのバカンス」、水曜日のカンパネラにも楽曲提供する小袋成彬作曲の「ともだち」など。これは同性愛の人間の恋愛を歌っているのではないかとかいう話に関してTwitter上で本人がファンとのリプライのやりとりをしていたことでも話題になったが、それでなくても素晴らしい曲。また、事前に出ていた「花束を君に」などのシングル曲も、違和感なくアルバムに自然におさまっている。全体的に閉塞感のある生活のなかにどのように幸せを見出していくかがテーマなのではないかと思った。暗いんだけど暗くない。

4.C.O.S.A.×KID FRESINO「Somewhere」

Somewhere

Somewhere

  • C.O.S.A. × KID FRESINO
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1800
フリースタイルダンジョンを機にミーハーにヒップホップに手を出した結果これにたどり着いたのは本当によかった。トラックのセンスも最高なのに加え、ふたりのリリシズムがすごい。説明しすぎず聴き手の想像に任せる多少の余白のある歌詞の絶妙なバランス感覚で、少しありがちなモチーフも新鮮に受け入れられる。
ラッパーはラッパーとしての生活から歌詞を書くことになるので、どうしても似通ったテーマになりがち問題みたいなのがある気がするのだけど、こういうのを聴くとそんなの関係ないんだなという感じがする。

5.James Blake「The Colour in Anything」

トラップやらインディーR&Bやらの要素を散りばめつつなんかいい感じにまとまっている。これをきっかけに聴いたBon Iverの新譜とは根底で通じているものがあるのかもしれないが、印象としてはこちらのほうが圧倒的に内省的で暗いアルバム。歌詞が赤裸々でよかった。

6.Anderson Paak.「Malibu」

Malibu

Malibu

  • Anderson .Paak
  • R&B/ソウル
  • ¥1500
今年ライブに誘われたがスケジュールが合わず断ったものがいくつかあるのだが、そのなかでも一番後悔してるのがこれ。このひと、とかくドラムも上手いらしい。

7.BiSH「FAKE METAL JACKET」

FAKE METAL JACKET

FAKE METAL JACKET

BiSHにドハマリしたきっかけとなってしまったアルバム。「たかが運命なんてもんは変えていける気がするんだ」「どんなトゲトゲな日でも息してれば明日は来るんだし」など、メンバーの詞が素晴らしい。

8.Homecomings「SALE OF BROKEN DREAM」

SALE OF BROKEN DREAMS

SALE OF BROKEN DREAMS

  • Homecomings
  • ロック
  • ¥1800
前作もとても大好きだったのだが、次のシングルが発表された際、「あれ、いわゆるロキノン的な安易なおセンチになってしまったな」という印象を覚えていたのだが、アルバム全体を通して聴くとむしろ前作から作風は一貫しているように思う。相変わらずギターの音がきれいで、ボーカルはかわいい声。拙い英語が仇でなくむしろ魅力に繋がっているところが、ジャパニーズ・オリジナルである。

9.Whitney「Light Upon the Lake」

Unknown Mortal OrchestraとSmith Westernsのメンバーが結成したグループ。昨今のトレンドに乗ろうとするあまり、ここ2年ほどいわゆるインディー・ロック然としたものから距離があった感じなのだが(というかそもそも音楽あまり聴いていなかったという話もあるが)、これで少し揺り戻された。

10.American Football「American Football」

あまり情報を追っていなかったので、まさか2016年にアメフトの新譜が聴けるとは思わなかった。相変わらず綺麗な音。また、歌詞もとてもいい。人間の分かり合えなさみたいなものを淡々と描いている。アルバム唯一にして最大の欠点は、このニューアルバムも名盤の1stもどちらも同じセルフタイトルのアルバムで、アルバムの管理が面倒だということ。まあそれで1stも聴き直すきっかけになって、1stももっと好きになったので別にいいんだけど。

11.David BowieBlackstar

「ジギー・スターダスト」以外ほとんど聴いてこなかったので、実はほとんど初めてのリアルタイムのデヴィッド・ボウイがこれ。非常に明確に覚えているのだが、1月8日このアルバムが配信されて何度も聴いていたらその3日後に訃報。ベタだが、遺作になることがわかっていたんだと思う。

12.KOHH「DIRT Ⅱ

非常に暗い。はじめて聴いたときは、そのあと動く気力を削がれた。

13.Teenage FanclubHere

Teenage Fanclubは本当にとても好きなバンドで、Grand PrixとBandwagonesqueは中学時代から何度も聴いてきた、本当に青春時代に傍にあったアルバムなのだが(実際Grand Prixに関してはレコード屋をまわりクリエイション盤も買った。とても懐かしい)、実は当時から新譜はリアルタイムではあまり聴いてこなかった。来年3月に来日するので公演に行きたいと思っておりそれで新譜を聴いてみたのだが、変わらずTeenage Fanclubでよかった。いつ新しいものを聴いてもあんまり変わらないっていうのも、それはそれで最高だ。

14.BAD HOP「BAD HOP 1 DAY

フリースタイルダンジョン直系で最も音源がいいのはやはりT-PablowのBAD HOPである。平易な言葉を使って自らの生活をありのまま詞にしている。情緒がすごい。ヒップホップ、特にキングギドラ以降の「ギャングスタっぽい」奴らは変にアメリカから影響を受けてしまってイキりがち、という偏見があって、実際にT-PablowとYzerrの2WINにはそういったところも見受けられる気がするのだが、このアルバムに関してはは彼らの日常をそのまま切り取った感じなのだろうなと思った。おそらくこのミックステープのなかでも最も聴かれているであろう「Life Style」は言うまでもなく素晴らしいが、「いつも通り仲間とうまい飯を食う」とラップする「Chill Dinner」もよい。

15.NAO「For All We Know

このアルバムはいまだに曲名もわからないんだけど、ただ雰囲気がすごく好きでよくBGMとして使った。dvsnでもEskaでもよかったんだけど、特に後半聴いたのでとりあえずこれ。
なんというか、僕は英語を聴き取る能力がまわりの洋楽好きより著しく低いらしく、いままで一貫して、海外の音楽は歌詞がわからないまま聴いていたのがほとんどである。だから「雰囲気が好き」というだけで自分の好きなアルバムランキングに勝手に上位に入ってくるアルバムが山ほどある。それと似たような感じでこれは好き。

おまけ

16.IO「Soul Long」
17.ミツメ「A Long Day」
18.GANG PARADE「Barely Last」
19.Blood Orange「Freetown Sound」
20.A Tribe Called Quest「We Got It from Here... Thank You 4 Your Service」
21.Eska「Eska」
22.Campanella「PEASTA」
23.Frank Ocean「Blonde」
24.Radiohead「A Moon Shaped Pool」
25.callme「callme」

うまく聴き込めたアルバムが上位に来て、結果的に聴き込みきれていないけどなんとなくよかったなあというのが下位に来てしまっているので、評価としては正しくないのかもしれないなあと思いつつも。

ベストソング

1.宇多田ヒカル「忘却 feat. KOHH」

忘却 (feat. KOHH)

忘却 (feat. KOHH)

KOHHのヴァースと宇多田のフックの詞が、互いの前の詞に呼応するように進む。
「明るい場所へ続く道が明るいとは限らないんだ」という宇多田の詞がそもそもすごいのだが、それに呼応したKOHHが「足がちぎれても/義足でも/どこまでも/走れメロス/口閉じてるけど/開ける目を/強い酒と/吐いたゲロ」と立て続けに細かい韻を踏みながらラップするところの性急さが、本当に「どこまでも」閉塞感があってすごい。閉塞的でありながら、スケールは壮大で、聴いていて不思議な気持ちになる。
変に今のヒップホップのフィールドに乗りすぎないKOHHだからこそこの曲に乗せることができたのではないかと思う。ずっとKOHHの魅力がよくわからないと言っていたのだが、この曲を聴いて大きく印象が変わった。

2.Bon Iver「CR∑∑KS」

youtube.com
タイトルで謎に記号を使う感じは椎名林檎的なものを思い出すけど、こういうのって海外ではどのように受け入れられているんだろうか…。
オートチューンも含めたボーカルの多重録音だけで構成される曲。このタイプの曲ではじめて聴いてすごいと思ったのはJames Blakeの「Meet You In Maze」だったのだが、短くて、シンプルだったので結果的にいまではこちらのほうがよく聴くようになった。歌唱法と音作りのおかげか、歌詞の内容は、英語がわからないから(だけではなく歌詞自体が表現をぼかしている箇所も多いと思うけど)意味不明なところも多いが、より切実に聴こえ、一層孤独感が募る。日本語のリリック・ビデオが出てるというのもありがたいので何度も見た。

3.乃木坂46「裸足でSummer」

www.youtube.com
2016年の乃木坂はこの曲を除いて楽曲面ではあまりよくなかったんじゃないかと思う。いや、すべてよかったことは事実なのだが、「君の名は希望」以降連綿と続く、「秋元康が『いいこと』を詞にして彼女たちに合唱曲とアイドルソングの間みたいに歌わせる」みたいな手法もそろそろ飽きが来たなあという感じがあり、特に「きっかけ」以降後半は素直に楽しめなかった。
ただ、この曲だけは別格に良かったと思う。夏の始まりのような陽気さがありながら同時に夏の終わりのような切なさもある。「さよならクロール」を連想させる。アッパーとセンチメンタルの同居こそ、アイドルソングに最強のエモをもたらすのだ。

4.BiSH「KNAVE」

KNAVE

KNAVE

これは割とマジなのですが、モモコグミ・カンパニーさんはアイドルとしてだけでなく作詞家として好きで、BiSHにドハマリしたきっかけのひとつは、彼女が作詞した「デパーチャーズ」という曲の「たかが運命なんてものは変えていける気がするんだ」という一節にあったりする。サビのメロディに乗っかった時の詞の説得力が凄まじく強い。本当になんか強気になれる。
ニューアルバムのなかでは彼女はこの曲と「summertime」という全編英語詞の作詞を担当しているんだけど、とにかくKNAVEはよい。BiSHは基本的にアイナ・ジ・エンドの声がやはり強烈な個性だが、この曲は彼女の声はほとんど出てこない。サビの多くはセントチヒロ・チッチが歌っている。曲の雰囲気もパンクだが爽やかかつ穏やかで気持ちよく、歌の担当の割り振りが功を奏している。渋谷WWW Ⅱであった男限定ライブ「About a Boy」でこの曲をはじめてライブで見たとき、チッチさんが笑顔で「君に願うたくましく生きてほしい」と歌う姿を見て、隠れて泣いた。

5.シャムキャッツマイガール

www.youtube.com
確実にド名曲。いま気づいたけど、最近海外のインディーに興味が失せていたのは、ここ数年、ミツメ・シャムキャッツを中心に海外とくらべても遜色ないインディーが日本でも確実に著名になってきたからというのはあるかもしれない。「AFTER HOURS」「TAKE CARE(EP)」の頃は詞について三人称視点で客観的に表現することが多かったシャムキャッツだが、この歌は一人称視点の歌詞に戻ってきている。かなり歌詞の内容はとても個人的で、ちょっとダウンして不機嫌気味の女性に対し、そういうの面倒だからいつもの笑顔を見せてよーというだけの曲。なんか日常を切り取った感じが自然体で素敵だ。このインタビューもよかった(少し話がそれるけど、インタビューで言及されている西野カナ、たしかによい)。シャムキャッツを聴いてると、こういう雰囲気の音楽を日本語詞で聴けるということをとてもありがたいなあなどと思ったりする。

6.C.O.S.A.×KID FRESINO「Love」

www.youtube.com
高校時代、友人にTodd Rundgrenをおすすめしてもらって一回だけ聴いたことがあったが、ピンと来なくてその後ほとんど聴くことがなかった、ということがあった。この曲、そのアルバム「something/anything」に入っていた「Marlene」を大胆にサンプリングしてトラックをつくっている。まずそのセンスにも脱帽だし、僕にTodd Rundgrenを聴き直すきっかけを与えてくれたっていう点でも個人的に素晴らしい。
だが、トラックもさることながらリリックが素晴らしい。
「随分変化してきた生活/見渡すと信頼できる人たちが/少しずつ増えてきてる/事実俺はマイクを回すことを覚えてる」(C.O.S.A.)
「干渉と言わずに互いを理解する/歩幅の違いを今は理解した」(C.O.S.A.)
「今夜俺は歩いて帰れるだけの酒を飲み/そして潰れたfriendsを跨いで振り返る」(KID FRESINO)
「Local trainを待つ数分間/ひとり誰かを思って書くSave your life」(KID FRESINO)
決してリスナーに直接突き刺さる詞ではないのかもしれないが、彼らのそれぞれの生き方が浮かんでくる詞が多い。誰かにやさしい声をかけてもらっているというよりは、誰かの話を聞いてそこから自分で考える、みたいな感じがある。素晴らしいリリック。これぞまったくもって「What love is」である(はあ?)。

7.KOHH「Die Young」

www.youtube.com
2016年10月8日、日比谷野音にて発表されたBiSHのツアーの名は「NEVER MiND」であった。もちろんこれはNirvanaのかの名盤からとったものであることは明らかだが、奇しくも2016年、同じようにNirvanaを参照していたアーティストがいた。KOHHである(僕はBiSHを起点にしかこういう話ができないのだろうか)。
ラップとシャウトをごちゃまぜにするだけでなく、トラックにおいてもトラップとグランジをごちゃ混ぜにししてしまっているところが面白い。歌詞の内容もカート・コバーンジミ・ヘンドリックスなどが登場し、若くして死んだロックレジェンドたちからの露骨な影響が伺える。彼はほとんど日記のように詞を書き続けているというが、中二病などという安易な批判にも物怖じしないような存在感の強さがカッコいい。KOHHは暗いものが多いが、この曲は特に暗いので、聴くのに少し勇気がいる(これを書くために何度も聴いていたら慣れてきた)。

8.欅坂46「2人セゾン」

www.youtube.com
というか、欅坂46のシングル表題曲3曲、どれもがよかった。デビューに際しては平手友梨奈を中心とした革命集団的アイドルグループ像を確立するにふさわしい「サイレント・マジョリティー」を。その大ヒットの次にどのようなものが来るのかとファンが期待を寄せる中での2ndシングルは、ポエトリー・リーディングも取り入れた、夏らしいさわやかな「世界には愛しかない」を。そして2016年も終わりに差し掛かり、冬に近づくと、それまでの季節を振り返るかのようなセンチメンタルさを持った「2人セゾン」を。結果的にそうだっただけなのかもしれないが、時期に合わせそれに最適なシングルを出しているというところが欅坂46が、そこまでライブの本数を出していなくても、わずか一年でここまでの知名度を獲得したポイントなのではないかと思う。どれも最高なので全部をベストにあげたいんだけど、とりあえず一つ挙げるとしたら最新だろうということで。小池美波さんフロントおめでとう!!!!!かわいいよ!!!!!!!!!

9.Anderson Paak.「Celebrate」

www.youtube.com
上に挙げたKOHHのインタビューが収録された「SWITCH」(指原莉乃が表紙のやつだ)を渋谷のTSUTAYAで買って、東横線で読みながら聴いていて「なんだこれ、とても雰囲気がよいな」と思ったのをよく覚えている。その日は気持ちいいくらい晴れてて、なんかその雰囲気も相まって、「うわ、すげえいい曲だな」と思った。聴いてると懐かしい気持ちになるんですよね。彼のアルバムの中ではそこまで人気な曲ではないらしいのだが、僕のAnderson Paak.の入り口は確かにここである。なんで好きな人いないのかなあとずっと思っていたのだが、あるときApple MusicのCINRAのプレイリストに載っているのを発見して、なんとなく安心した。そういう曲。

10.Whitney「No Woman」

www.youtube.com
変化の只中をさまよう男が「No woman...」と歌うだけのシンプルな曲で、なんだかその不安定さが自分と重なってとても好きな歌詞。でも歌詞だけでなくリフもよい。こういうシンプルだけどアルペジオとハンマリングやプリングを使って少しメロディアスにしているギターリフが好きなんだよ。こういう曲を書いてミュージシャンになりたかったなあと思う。

総じて

1.歌詞の大切さ

僕はとかく英語詞を歌詞として聴き取る能力がないので、特に洋楽の歌詞は軽視してきた。というか、軽視することしかできなかったというか。それで特に後半は、いままでほとんど読まなかった英語の歌詞をそこそこ読むようにした。訳詞だけでなく、自分で訳してみたりもした。ついでにPitchforkを自分で訳したりもしていた。それでとにかくすごいなと思ったのは、ごく当たり前のことなんだけど、海外にもこんなに突き刺さる歌詞がたくさんあるんだなということだった。2016年の新譜だけでもこんなに好きな詞が出てくるとは…という感じ。
いままで単なる音として聴いていた海外の音楽は意味をとかく確認するようになった一方、いままで詞の内容を意識して聴いていた日本の音楽は、音や響きを意識して聴くようになった。宇多田ヒカル椎名林檎の「二時間だけのバカンス」なんかは実はかなり韻を意識して詞を書いていることがわかる。日本語で韻が踏めないは確かに嘘だなと思った。また、韻を意識して聴いていると必然的に内容もより耳に入ってくるので突き刺さるものが多かった。
アイドルを作詞家としてリスペクトすることになるとは思ってもいなかったし、歌詞アプリ(Musicmatch、Genius)はかなり使った。それでもまだ歌詞を聴くということができていないので、もっともっといろんな詞を意識して聴いていこうと思う。

2.追いきれない

上記のように歌詞を意識していると、そのアルバムをまともに聴くのにかなり時間がかかる。加えて僕は結構一度好きになったものを一時期とにかく聴きまくるという性質があるので、別のものに手が届かなくなる。Apple Musicのおかげでいろいろな音楽を手軽に聴けるようになったが、それ故に手が届かない部分にも目がつくようになった。「一人の人間が使える時間は有限なのだな」ということを改めて思う。「20XX年ベストソング」とかって延々とこう30曲とか50曲とかあげまくってるひとって、そんな簡単にベストに挙げれるほどその音楽聴いたのか?って感じもしている。まあ、音楽なんてもっとライトな聴き方をされるべきものだし、聴き方なんて人それぞれなので、どーでもいいのですが。

3.アイドルとアーティストが対等になった

「楽曲派」なるものがあらわれてからそもそもアイドルもそれ以外の音楽もすべてフラットに聴くよという人間は増えたわけだけれども、2016年は個人的な感覚としても、本当にアイドルだろうがバンドだろうがなんだろうが楽しみ方があまり変わらなくなったという感じがした。しかもかなり強く。「世界には愛しかない」がラジオではじめて公開されたとき、「オーケストラ」のMVがYouTubeで公開されたとき、それをリアルタイムで聴いていたのだが、高校生のときにバンプの「Supernova」をラジオで聴いていたときの感覚にそっくりだった。当時は、聴き終わったあとツイッターを見るのではなく、2chかなにかを見ていたと思うんだけど。
なんかのブログで、「『楽曲派』という言葉をアイロニーなくベタに使っていた人間たちはいまこぞって『フリースタイルダンジョン』を見てると思うんですけど(笑)」みたいな感じでバカにした言い方をしていたのを読んだのだが、僕はその、いまこぞって『フリースタイルダンジョン』を追っかけてる人間なので「ぐぬぬ」ってなった。センスの悪い人間ですいません。でもいま、音楽ジャンルとしてのアイドルかどうかって、相当どうでもいいのだろうなという感じがした。


2017年も素敵な新しい音楽に出会えますように…。自意識垂れ流し。